目の疲れや様々な不調をサプリメントで撃退する

腸閉塞の症状

サプリの栄養

腸閉塞とは、口から摂取した食べ物の流れが腸で滞り詰まった状態を指します。症状は、腸が拡張することにより腹部が張って刺すような激しい痛みに繰り返し襲われます。また、滞った腸の内容物が逆流して吐き気を催すほか、発熱や脱水症状を起こすこともあります。腸閉塞は吐き気を伴う腹痛の代表的症例の一つといわれています。原因としては、開腹手術を受けたことで腸と腸や腹壁が癒着を起こし、その部分がねじれたり折れ曲がるなどして腸が詰まる場合が多くあります。高齢者の場合には、固くなった便が原因で起こることもあります。また、腸につながる血管が一緒にねじれたりしてしまった場合、血流障害を起こし危険な状態となるので早急な手術が必要となります。

腸閉塞では、緊急を要しない場合は吸引チューブを挿入して腸に詰まった内容物を吸引し、腸の腫れが治まり閉塞が解消されるか2週間ほどの経過観察を行います。その間は飲食はできず、点滴での栄養補給となります。手術による治療は、開腹により新たな癒着を作り出し、腸閉塞を更に誘発させる危険があるためできるだけ避けるのが一般的となっています。手術が必要となるのは、血流が途絶えた状態となる絞扼性腸閉塞の場合や、チューブを挿入して飲食を中止してから一週間以上過ぎても好転しない場合のほか、何度も腸閉塞を繰り返している場合に行われます。再発の防止のためには、普段から食事内容を気を配り、暴飲暴食を避け、できるだけ柔らかい消化のいいものを食べるようにすることなどが重要です。